最後に店頭で買うのか、NET通販で買うのかを決めて購入

昔は実店舗と専門誌に載っている広告での比較だった

まだインターネットが普及していない頃、パソコンを購入するためには、店に行くか、それともパソコン専門雑誌に掲載されている販売広告を利用するかのどちらかでした。しかし、当時はパソコンを置いてある店は珍しく、そういった店が近くにない人は広告を見て注文するしかなかったのです。
では、今はどうかというと、家電量販店で普通にパソコンが売られているので、急行が停まるような大きな駅まで出れば店で選べますし、またインターネットがあるので、店まで行かなくても、オンラインショップから注文することもできます。オンラインショップで買うことと、雑誌の広告を見て買うことは似ていますが、在庫をリアルタイムで管理していてショップの数も圧倒的に多いネットの方が利便性は高いです。

実店舗とネットショップの価格を比べる前の衝動買いは避けよう

では、実際にパソコンを購入すると決めたら、家電量販店まで出かけて買うのとオンラインショップで買うのと、どちらがいいのでしょうか。これはケースバイケースということになりますが、家電量販店が自宅や職場の近くにあるなら、店まで行って実際に実機を触り、購入候補を絞ったあとにオンラインショップでの値段を確認し、家電量販店とオンラインショップを比べて安い方で買うのがいいでしょう。
得をするために避けた方がいいのは、実店舗とオンラインショップの値段を比べる前に衝動買いしてしまうことです。実店舗で「在庫一台限り」という札とともに安い値段が書かれていると、今すぐにでも買わないと損だという気持ちになりますが、ネットでオンラインショップの値段を確認したら、さらに安い価格で在庫処分の対象になっていたというのはよくある話だからです。